定期的な改善は必要|グンと高まる業務効率に歓喜の声|勤怠管理はクラウド型を利用しよう

グンと高まる業務効率に歓喜の声|勤怠管理はクラウド型を利用しよう

男女

定期的な改善は必要

オフィス

組織の風土を変える効果

組織を改善することは組織の流れを変える手法の一つです。組織は常に良い状態とは限りません。常に一番理想な組織体制は変わるのです。一般的な会社は縦割りの社会になっています。そして上位の役職になればなるほど責任を必要とする役割になります。この組織体制は組織を統括するうえで望ましい体制になりますが、役職の数や位置などは様々です。今の組織体制が最も効果的であるとは限らないのです。一番良い方法は個々のスキルを最大限発揮できる組織です。これは会社の利益を最大化するために効果的なのです。次に求められるのは効率性です。効率の無駄があるとすべてコストにつながります。コストの最適化も組織改善によって変革することが可能なのです。

組織の末端から変革

組織改善の提言は主に組織の長が行います。これは全体を見ている長はすべてを把握できているという意味合いから提言することが多くなっているのです。会社全体の組織改善は社長である経営のトップが行い、部署の組織改善は、部署のトップが行う事が多くなっています。しかし、考え方によっては、組織を下から変える方法もあります。どのような組織が望ましいのかは現場で働く人のほうが把握していることが多いのです。実際に売り上げに貢献しているのも組織の下に属する人です。そのためその人たちの意見を積極的に取り入れることが組織を大きく変革することができるのです。自分たちが決めた組織であれば、モチベーションも向上します。そして働く意欲も高くなる効果があるのです。