効率を良くする|グンと高まる業務効率に歓喜の声|勤怠管理はクラウド型を利用しよう

グンと高まる業務効率に歓喜の声|勤怠管理はクラウド型を利用しよう

男女

効率を良くする

カレンダー

公開範囲に注意

ある程度の社員を抱える会社の場合、それぞれの社員が何処で何をしているかが咄嗟に分からない事は非常に多いです。そのような場合は、スケジューラーを導入するのがオススメです。インターネットに接続してスケジューラーを使用すれば、「誰が」「何処で」「いつまで」「何をしている」が一目瞭然で分かるようになります。ただ、一つ注意しなくてはいけないのがスケジュールの公開範囲を適切に保つことです。同じ課の人間には全てのスケジュールを見せて、他の課の人間には空き時間しか見せない等工夫をして必要最低限の相手にだけスケジュールを見せるのが正しい使用方法です。これは、重要な会議がある場合、同じ会社の人間にも会議名を知られたくないケースもありますが、スケジューラーで公開範囲を絞っていないと全員に公開してしまう為です。

遠距離こそ効果あり

スケジューラーを導入する大きなメリットの一つが、遠距離の事業所メンバーの予定も共有することが可能という事です。遠距離の相手は簡単に話す事が出来ないため、どうしても電話やメールで情報のやり取りを行う必要があります。ですが、Web会議や電話会議の設定をする際に空き時間を調べたい等、簡単な事でも電話やメールだと相手の時間を使ってしまいます。そのような場合でも、スケジューラーを導入していれば、空いている時間を簡単に調べる事が可能です。また、相手のスケジュールに自由にアクセス出来るようになっていれば、会議の設定も簡単に行えます。他にもアラーム機能を使って自分自身への備忘録として利用したりと、色々なメリットがありますので、導入していない企業は導入を検討してみるのも良いと思います。