グンと高まる業務効率に歓喜の声|勤怠管理はクラウド型を利用しよう

メンズ

効率を良くする

カレンダー

スケジューラーは複数の人と予定の共有を行える強力なツールです。ただ、公開範囲をしっかりしないと、教えたくない相手にまで予定を知られてしまう場合がありますから、公開範囲はしっかり決める必要があります。他にも備忘録としてアラームを登録したりと、色々な使い方が可能なオススメのツールです。

詳しく読む

社員の管理を徹底する

ネット

会社のスタッフを正しく評価するには、勤怠管理を徹底することが大事です。勤怠管理のクラウドサービスを利用すれば、その業務を効率化できます。そして、勤怠管理のクラウドサービスは、生体認証機能によって不正を防ぐことも可能です。

詳しく読む

給与とその管理

電卓

システム導入

社員の給与を計算し、社員に渡すことは企業において重要な事務業務となる。この給与計算については、多くの企業では給与計算システムを導入したり、給与計算のソフトウェアを導入するなど行っている。給与計算については、勤怠管理システムとの連携を行うことで計算しやすくなるということがある。勤怠管理システムでは、勤務日数や残業の管理が行われるが、給与計算については特に残業時数が左右する。給与では、残業時数に対し時間当たりの割増金を支払う必要があるため、これらの情報が必要になる。給与計算システムでは、勤怠管理システムと連携できるシステムがある。これらを活用することで、計算時の情報を集約でき効率の良い管理が可能となる。

クラウドサービス活用

給与計算システムを導入する場合、社内で独自システムを構築する場合もあるが、この場合には初期費用に多額のコストがかかる。その為、多くの場合には企業向けに一般販売されているソフトウェアを購入し導入することがある。また、最近では給与計算のクラウドサービスを活用するケースが増えている。ソフトウェアを導入する場合には、それを管理するサーバーの導入や設置が必要になる。この場合、サーバーの購入代金や維持保守の費用が必要になる。これに対し、クラウドサービスでは自社内ではソフトウェアやサーバーの導入は不要になる。給与計算のクラウドサービスでは、WEBサービスにアクセスする形で利用できるため、初期費用やランニングコストも削減できる。グンと高まる業務効率に歓喜の声が寄せられているのだ。

定期的な改善は必要

オフィス

組織改善は組織の活性化を図る上では非常に重要なことです。主に組織のトップが変革を行うことが一般的ですが、組織の末端からこれを変革する考え方もあります。モチベーション向上や意欲向上につながる効果があるのです。

詳しく読む